年代別によるスキンケアの違い

年代別によるスキンケアの違い

適切なスキンケアというのは、年代に応じてその方法に違いがあります。
そのため自分の年齢に応じて、適切なケア方法は異なります。

 

20代

 

まず20代のスキンケアは、基礎的なスキンケアが欠かせません。
洗顔やクレンジングでは、摩擦は避け、泡で丁寧に落とすように心がけます。

 

30代

 

30代のスキンケアは、紫外線や摩擦などの外的な刺激に気をつけるようにします。

 

そしてホルモンバランスを乱さないよう、
規則正しい生活とバランスのとれた栄養を摂取するようにします。

 

保湿やUVケア、優しく丁寧な洗顔に努め、
ビタミンCなどの抗酸化力の高い食品を摂ることです。

 

40代

 

40代のスキンケアは、保湿力が低下し、ターンオーバーの機能も乱れがちな時期なので、
コラーゲンやヒアルロン酸入りの化粧品を使用するようにします。

 

その上で、表情筋のエクササイズを行い、栄養成分をサプリメントなどで補いましょう。
美しく若々しい肌を保つには、ピーリングやレーザー治療などを定期的にすることも大事です。

 

50代

 

50代のスキンケアは、更年期により、ホルモンバランスが乱れて肌の調子も不安定になりがち。
そのため、イソフラボンを含む大豆製品をしっかりと摂るようにします。

 

スキンケアでは、水分と油分をバランス良く補い、
肌の新陳代謝機能やバリア機能を衰えさせないようしっかり保湿することです。